FC2ブログ
プロフィール

あおみどり*

Author:あおみどり*
スリング、兵児帯で子育て中。

ベビーウェアリングコンシェルジュ
理学療法士
studio yoggy公認Yoga for Two産前・産後のママと赤ちゃんのためのヨガ指導者認定
直傳靈氣療法師
頭蓋仙骨療法のお手当人

身体が楽、簡単だけでなく
赤ちゃんとコミュニケーションがとれて
心も身体も育てていけるだっこやおんぶ
babywearingをご提案しています。

抱っこやおんぶの楽しさや
心地よさを体感できるお母さんが増えることで
子どもと一緒に過ごす何気ない時間が
愛おしくなる
気持ちが楽になる
そのお手伝いをしています。


【料金】
☆抱っことおんぶ☆
プライベートレッスン
6,000円
(ご自宅にお伺いする場合は+交通費)

グループレッスン
2,500円


ママ友何人かでグループレッスンもO.K
医療者向け、保育士さん向けの講習会、
ワークショップも承ります。

☆mamaYoga☆
1,000円
お子さんと一緒に参加できるクラスです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

災害が起きた後の心のケアに大事なこと

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士
NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
防災士の
谷口美土里です。


台風19号の被害が明らかになるにつれ
なんとも言えない気分になってしまいますね。

被害に遭われた方々には心よりお見舞い申しあげます。
対応に追われている各方面の方々にもどうぞ引き続きご安全に。




「安心」「安全」
災害が起きた後の心のケアに大事なこと。

子どものための心のケアのリンク先を載せていますが
誰にでも当てはまることで
安心や安全、社会との繋がりって
年齢も性別も病気や障がい関係なく大切なポイントになります。

特に心のケアの場合
何かをしてあげよう聞き出そうではなく
ただただ寄り添うのが肝要です。

きっと日常からこれができる親子関係だといいんだろうなあと
研修を受けた時に思ったのを思い出しました。


セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
緊急下の子どものこころのケア
「子どものための心理的応急処置」
https://www.savechildren.or.jp/lp/pfa/

〜本文より〜
「子どものための心理的応急処置(子どものためのPFA)」は、
そのような子どもたちのこころを傷つけずに対応するための方法です。

自然災害など危機的な出来事に直面した子どもたちが、
不安を抱えたり、いつもと違った反応を示すことは自然なことです。

緊急下では、泣き叫ぶ子どももいる一方、
感情を全く示さなくなる子どももいます。
反応は子どもによってさまざまですが、
共通して言えるのは安定した大人がそばにいることが大切だということ。

子どもたちが少しずつ、
自分たちのペースで落ち着きを戻せるよう、
「子どものための心理的応急処置 (Psychological First Aid for Children)」
(以下、「子どものためのPFA」)*の方法でサポートしてください。

「子どものためのPFA」は、心理や精神保健の専門家でなくても、
誰もが使える、子どものこころの応急手当です。
〜〜〜〜〜


こちらも参考になります。
ユニセフ 
災害時の子どもの心のケアの4つのポイント
https://www.unicef.or.jp/kokoro/…





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント