FC2ブログ
プロフィール

あおみどり*

Author:あおみどり*
スリング、兵児帯で子育て中。

ベビーウェアリングコンシェルジュ
理学療法士
studio yoggy公認Yoga for Two産前・産後のママと赤ちゃんのためのヨガ指導者認定
直傳靈氣療法師
頭蓋仙骨療法のお手当人

身体が楽、簡単だけでなく
赤ちゃんとコミュニケーションがとれて
心も身体も育てていけるだっこやおんぶ
babywearingをご提案しています。

抱っこやおんぶの楽しさや
心地よさを体感できるお母さんが増えることで
子どもと一緒に過ごす何気ない時間が
愛おしくなる
気持ちが楽になる
そのお手伝いをしています。


【料金】
☆抱っことおんぶ☆
プライベートレッスン
6,000円
(ご自宅にお伺いする場合は+交通費)

グループレッスン
2,500円


ママ友何人かでグループレッスンもO.K
医療者向け、保育士さん向けの講習会、
ワークショップも承ります。

☆mamaYoga☆
1,000円
お子さんと一緒に参加できるクラスです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

「避難所でのくらしも準備と工夫で結構変わる」から見えてきたもの

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士
NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
防災士の
谷口美土里です。

タイトルに書いたのは
1月20日に開催された小山先生の防災講座のタイトルです。
今日が2月の6日ですから(汗)
ほんと、あっという間ですね(汗)(汗)


子連れで参加された方はいらっしゃらなかったのですが、
様々な年代の方が参加されて70名以上!

主催されている方が私の所属する高山市民防災研究会のメンバーでもあるので
最初は30人いけば・・・なんて言ってたんですよw

すごいです、高山!

で、どんな内容だったかというと

避難所ってどんななの?
というところから
衝撃的な85年前の避難所の写真・・・

最近の大雨や地震で避難を余儀なくされた
避難所の様子と
まったく変わってない!


変化しちゃいけないのか?

住環境は劇的に変わってきているのに・・・

誰も変わるなとは言っていないですよね?

なぜ???

を問いかけていく濃密な時間でした。

皆さんはなんでだと思います?




途中でてきた




メロンパン。

実は、平成30年7月豪雨で岡山のある避難所で

4ヶ月

ずっと

メロンパン


だったそうです。


えー!ってなりますよね?
その異常さに気がつきますよね?

でも、気がつけなかった・・・
変えようと声を上げられなかった。

ありえない
できない
みんな一緒じゃなければいけない。
ではなくて。

自分が気がついて声をあげれば
変えられるんです。

変えていいんです。

この4ヶ月変わらなかったのを変えることができたのは

環境が変えられると気がついた人がいた!
変えられると知っている人がいた!
そういう人と繋がることができた!

衣食住
大事ですよね。

事前に準備ができることは事前に。
起きてからもニーズがあると伝える。
これって、今から知っていればできることですよね。


この講演会の後、

なんでできないのかなぁ?って考えました。

講演会の中では
防災に関する考えが短期的だったり
縦割りだったり
できないって思い込みがあったり
行政任せ
ってお話がありました。

その根底に潜むものは何か?


子どもの頃から
親から
学校で
職場で
「こうでならなければならない」って教育を受け続けてきたら
自分の想いを伝えて、行動する、それを助けてもらう、って経験がなければ、
なんか言うのはわがままなんじゃないか・・・って言えないんじゃないかなと。


この状況判断をしてより良い方向へ変えていこうとする力って
非認知能力そのものですよね。

*非認知的能力とは、例えば、目標に向かって頑張る力、
他の人とうまく関わる力、感情をコントロールする力などです。
IQなど数値で測れるものは認知能力、数値で測れないものが非認知能力。
今まで数値で測れる学力、認知能力が高い方がいいってされてましたよね。

数値で測れないものをどうして身につけるのか
乳幼児の頃から「主体的に遊ぶ」ことで身についてくるとされています。
自らが「やりたい!」をやって行く中で、
失敗も成功も他の子と協力することも真似することも
身体全体で学んでいきます。


昔は、群れで子どもたちが子どもたちどうして遊べていた頃は、
それができていたんです。

少子化で大人の目が口が手が多く子どもにかかるようになって
子どもらしく遊ぶことが
いたずらもやんちゃするのもできなくなって変わってしまった。


今までの教育を、決して、全部を否定するものではありませんが、
今、子どもたちの置かれた状況、
非認知能力が大事だって言われてもなかなかそれが育つ環境にないことを、
知っている大人たちが声を上げて行動して
子どもたちを見守って
遊べる環境を作って行くことが
生きて行く力をお互いに育てていけて
防災にもつながるんじゃないかなと思いました。



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント