FC2ブログ
プロフィール

あおみどり*

Author:あおみどり*
スリング、兵児帯で子育て中。

ベビーウェアリングコンシェルジュ
理学療法士
studio yoggy公認Yoga for Two産前・産後のママと赤ちゃんのためのヨガ指導者認定
直傳靈氣療法師
頭蓋仙骨療法のお手当人

身体が楽、簡単だけでなく
赤ちゃんとコミュニケーションがとれて
心も身体も育てていけるだっこやおんぶ
babywearingをご提案しています。

抱っこやおんぶの楽しさや
心地よさを体感できるお母さんが増えることで
子どもと一緒に過ごす何気ない時間が
愛おしくなる
気持ちが楽になる
そのお手伝いをしています。


【料金】
☆抱っことおんぶ☆
プライベートレッスン
6,000円
(ご自宅にお伺いする場合は+交通費)

グループレッスン
2,500円


ママ友何人かでグループレッスンもO.K
医療者向け、保育士さん向けの講習会、
ワークショップも承ります。

☆mamaYoga☆
1,000円
お子さんと一緒に参加できるクラスです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

災害が起きた後の心のケアに大事なこと

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士
NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
防災士の
谷口美土里です。


台風19号の被害が明らかになるにつれ
なんとも言えない気分になってしまいますね。

被害に遭われた方々には心よりお見舞い申しあげます。
対応に追われている各方面の方々にもどうぞ引き続きご安全に。




「安心」「安全」
災害が起きた後の心のケアに大事なこと。

子どものための心のケアのリンク先を載せていますが
誰にでも当てはまることで
安心や安全、社会との繋がりって
年齢も性別も病気や障がい関係なく大切なポイントになります。

特に心のケアの場合
何かをしてあげよう聞き出そうではなく
ただただ寄り添うのが肝要です。

きっと日常からこれができる親子関係だといいんだろうなあと
研修を受けた時に思ったのを思い出しました。


セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
緊急下の子どものこころのケア
「子どものための心理的応急処置」
https://www.savechildren.or.jp/lp/pfa/

〜本文より〜
「子どものための心理的応急処置(子どものためのPFA)」は、
そのような子どもたちのこころを傷つけずに対応するための方法です。

自然災害など危機的な出来事に直面した子どもたちが、
不安を抱えたり、いつもと違った反応を示すことは自然なことです。

緊急下では、泣き叫ぶ子どももいる一方、
感情を全く示さなくなる子どももいます。
反応は子どもによってさまざまですが、
共通して言えるのは安定した大人がそばにいることが大切だということ。

子どもたちが少しずつ、
自分たちのペースで落ち着きを戻せるよう、
「子どものための心理的応急処置 (Psychological First Aid for Children)」
(以下、「子どものためのPFA」)*の方法でサポートしてください。

「子どものためのPFA」は、心理や精神保健の専門家でなくても、
誰もが使える、子どものこころの応急手当です。
〜〜〜〜〜


こちらも参考になります。
ユニセフ 
災害時の子どもの心のケアの4つのポイント
https://www.unicef.or.jp/kokoro/…





スポンサーサイト



警戒レベル3:災害が想定されている区域等の小さなお子さんがいるご家庭は避難完了を

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士
NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
防災士の
谷口美土里です。


台風19号じわじわと来ていますね。
太平洋側では浸水等の被害が出ているところもあるようです。。。

気象庁HPで気象警報・注意報が確認できます。
https://www.jma.go.jp/jp/warn/

岐阜県なら岐阜県総合防災ポータルhttps://www.pref.gifu.lg.jp/bousai/
県内の川の雨量・水位、土砂警戒情報等が確認できます。


あれだけテレビやネットで準備を!と呼びかけられていましたから
何かしら備えをしていたかと思いますが
自分の住んでいるところが
災害が起こりうるところか?(土砂災害?浸水?・・・)
どこが安全か?(家?実家?避難所?友達の家?ホテル?・・・)
どのルートを選択したらいいか?(川が近く?橋渡る?アンダーパスがある?・・・)
どれくらい時間がかかる?(準備や家族の説得する時間も!)
の確認もしていますよね?

ここら辺のお話を17日にするのですが
2019.10.17「我が家の防災 はじめの一歩 ハザードマップで調べてみよう」

危機に直面している地域もありますので
まずはどうかみなさまご安全に!

その中でも
小さなお子さんがいる世帯で
土砂災害や浸水の危険な地域にお住いの方は
『警戒レベル3』で避難完了を目指しましょう。

土砂降りの中とか
浸水が始まってからで子どもを連れてなんて無理

避難しない

怖い目にあう
(怖い目だけで済めばいいけど!)

なんて事のないように。

まだ大丈夫?とか
早いかな?とか
躊躇しているくらいなら
明るいうちに避難して安全なところで
子どもと遊んでましょ。



*警戒レベル3でのとるべき行動
「地元の自治体が避難準備・高齢者等避難開始を発令する目安となる情報です。
高齢者等の避難が必要とされる警戒レベル3に相当します。
災害が想定されている区域等では、自治体からの避難準備・高齢者等避難開始の発令に留意するとともに、
危険度分布や河川の水位情報等を用いて高齢者等の方は自ら避難の判断をしてください。」
(気象庁hpより)

この高齢者「等」って誰?
「等」には障がい児・障がい者、乳幼児のいる家庭、避難に時間を要する方々が含まれます。


小さなお子さんを抱っこやおんぶで避難する時のポイントは
いつもお伝えしていることですが
高い位置で密着です。

普段の抱っこ紐がゆるゆるだったらこんな方法もあります。





2019.10.17「我が家の防災 はじめの一歩 ハザードマップで調べてみよう」

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士
NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
防災士の
谷口美土里です。

週末台風・・・

備えてますか?

9月19日にまちスポ飛騨高山にて開催した
「我が家の防災 はじめの一歩」

まちスポさんがひだっちブログで紹介してくださってます!
こちら↓
https://machispoblog.hida-ch.com/e1017974.html

見られた方もいたかな?

今月も
10月17日(木)
開催します!

お子さん連れでもお一人でもどなたでもウェルカムですよ〜。

連絡くりょ



********************




我が家の防災 はじめの一歩

ハザードマップで調べてみよう
―大雨警報! あなたの家は大丈夫?―


大雨警報が出た時、皆さんはどうしていますか。
ハザードマップを使って我が家の危険を把握し、
家族構成と考えあわせて、どのように避難するのかを考えてみましょう。

防災士があなたと一緒に考えます。


日  時  2019年10月17日(木)  午前10時30分~11時30分

場  所  まちスポ飛騨高山
      高山市天満町1-5-8 フレスポ飛騨高山内  ℡:0577-62-8550

対  象   どなたでも お子さん連れの参加も大歓迎(おやつ持参OK) 
      先着10名程度

講  師  防災士 谷口美土里(もりのわ代表:ベビーウェアリングコンシェルジュ)  
      防災士 栗田美由紀(いきいき生活研究会:健康いきがいづくりアドバイザー)

参加費   無 料

持ち物   筆記用具、あればハザードマップ

申込み・問合せ  いきいき生活研究会 (担当:栗田)
         携帯:090-4082-5778 
         携帯mail:miyuki.18311@docomo.ne.jp
         いきいき生活研究会 Tel/Fax:0577-33-0179   

協力:高山市民防災研究会

2019.10.31郡上八幡での心地よい抱っことおんぶのクラス

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士
NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
防災士の
谷口美土里です。


さ、続いては郡上八幡!

郡上での会場はおなじみエバナタウです。



参加される方のほとんどはこのカレーが目当てだったりしますw


*********


郡上八幡での

「心地よい抱っことおんぶのクラス〜Babywearingしよう♪〜@郡上八幡」

のご案内です。

2019年10月31日(木)に開催します。

抱っこやおんぶでも熱くない季節になってきましたね。
抱っこやおんぶができる時期ってそう長くないです。
お互いが快適に蜜月を過ごせるように
ぜひクラスにご参加くださいな。


発達に良い
体が楽
色々プラスになることもありますが
頭で考えるのではなく
身体で体感してみるとみえてくるものがあります。


一度参加された方もおさらい会としておいでくださいね。
おうちでやってみてあれ?と思ったことを再確認できますし
次はおんぶ!、抱っこの違う方法!
とバリエーションが増えていきますよ。


カフェで・・なんて初めてだと緊張しちゃうかもですが、
エバナは和室ですし、子連れオッケーなカフェです(^-^)
クラスでなら最初の一歩が踏み出しやすいですし
美味しい飲み物食べ物で一息つきましょう☆

【日時】
2019年10月31日(木)
10時〜12時

【場所】
郡上市八幡町島谷769−2
Cafeエバナタウ 2階

*駐車場はお近くのコインパーキングをご利用ください。

【内容】
*赤ちゃん発達
*それぞれの段階に合った心地よいだっこやおんぶ。
*素手のだっこ、おんぶ
*抱っこ紐あれこれ。

生活の中でこんな風にしたら遊びながら成長を促せるよ〜、
お母さんの身体の使い方をこうすると楽だよ〜など
理学療法士の視点からもお話させていただきます。

【対象】
妊婦さん
0〜2歳くらいのお子さんと養育者、そのご家族
(お子さんと一緒に参加できます。)
子育て支援に関わる方

【参加費】
2、500円+ワンドリンクオーダー
(ご家族の方同伴の場合、大人ひとり追加1、000円)
*おさらい会割引チケット付き
*2回目以降の方;1,500円+ワンドリンクオーダー
おさらい会チケットお持ちの方はご利用いただけます。

【定員】
4組

【持ち物】
お使いの抱っこ紐

【問い合わせ・申込み】
NPO法人だっことおんぶの研究所・ベビーウェアリングコンシェルジュ
理学療法士
谷口美土里
morinowa.dakkotoonbu@@gmail.com
(@を一つとってください)

お申し込みの際
日にちと会場名をご記入の上
①お名前②お子様の月齢③初めてorおさらい④普段お使いの抱っこ紐をご記入ください。
*日にちと会場名は各地で開催しているため間違えないためです。
ご協力ください。

2019.10.28関市での心地よい抱っことおんぶのクラス

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士
NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
防災士の
谷口美土里です。


引き続き10月のクラスのお知らせをしていきますね。

たのむさ


月1開催しています関市での

「心地よい抱っことおんぶのクラス〜Babywearingしよう♪〜@関市」

2019年10月は28日(月)に開催です☆

午前に初回クラス
午後におさらい会です。

初回クラスでは
赤ちゃんの運動発達のお話
素手の抱っこやおんぶ
抱っこ紐あれこれ
スリングや兵児帯の体験・練習など。

午後のおさらい会は
やってみてあれ?となったところや
首すわったので次はおんぶ!など
成長に合わせて抱っこやおんぶのバリエーションを増やしていきましょう。
おさらい会は一度初回クラスにご参加いただいた方が対象です。


【日時】
2019.10.28(月)

①10:30〜12:30 初回クラス

②13:00〜15:00  おさらい会

【場所】
岐阜県関市東福野町2ー13

【参加費】
①3,000円
(資料代・会場費込、おさらい会割引チケット付き)

②1,500円
(おさらい会チケット使えます)

*どちらも御家族の方同伴の場合、大人一人に付き1,000円追加。
お子様は無料です。

【定員】
各回4組

【持ち物】
お持ちの抱っこ紐、スリング・兵児帯
(初回クラスではスリングや兵児帯をお持ちでなくても
こちらでスリング・兵児帯のご用意があります。)

【申し込み・問い合わせ】
NPO法人だっことおんぶの研究所・ベビーウェアリングコンシェルジュ、理学療法士
谷口美土里

morinowa.dakkotoonbu☆gmail.com
(☆を@に変えてください)

お申し込みの際
日にちと会場名をご記入の上
①お名前②お子様の月齢③初回orおさらい会④普段お持ちの抱っこ紐をご記入ください。
*日にちと会場名は各地で開催しているため間違えないためです。
ご協力ください。


2019.10.21アルプスベルクリニックにて赤ちゃんの発達と心地よい抱っことおんぶのクラス

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士
NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
防災士の
谷口美土里です。


高山での赤ちゃんの発達と心地よいだっことおんぶのクラスのご案内です。

2019年10月21日開催です。

場所はアルプスベルクリニック。
アルプスベルクリニックに
通院、出産されていなくてもご参加できます。

妊娠中や生まれてすぐだと
授乳の仕方や新生児の抱っこの仕方は
教えてもらえると思うのです。

でも
子どもはどんどん大きくなるし
いつまでも同じ方法ではなかなか泣き止まない。
上手くいかなくてなんだか抱っこし辛い、
腱鞘炎になってしまった
肩や腰が痛い・・・
だっこって面倒だなぁ、となる前に!
ぜひご参加ください(^_^)

一度参加された方もおさらい会としておいでくださいね。
おうちでやってみてあれ?と思ったことを再確認できますし
次はおんぶ!、抱っこの違う方法!とバリエーションが増えていきますよ。

託児はありませんが上のお子さんもご一緒に参加できます。

【日時】
2019年10月21日(月)
①10時〜12時 
赤ちゃんの発達と心地よい抱っことおんぶのクラス

②13時〜14時半
ベビーラップクラス

【場所】
アルプスベルクリニック 3階 多目的ホール

【内容】

赤ちゃんん発達段階
それぞれの段階に合った心地よいだっこやおんぶ
素手のだっこ、おんぶ
抱っこ紐あれこれ
お持ちの抱っこ紐の調整


ベビーラップ基本の抱っこ・おんぶ

【対象】
妊婦さん
0〜2歳くらいのお子さんとお母さん、そのご家族
(お子さんと一緒に参加できます。)
子育て支援に関わる方
*②に関しては①を受けていただいた方対象となります。

【参加費】
①2,500円
(ご家族の方同伴の場合、大人ひとり追加1、000円)

*2回目以降の方;1,500円

*おさらい会チケット付き

②2、000円
(ご家族の方同伴の場合、大人ひとり追加1、000円)

【定員】
①5組

②3組

【持ち物】
①お使いの抱っこ紐

②ベビーラップ
(なくても大丈夫です。)

【問い合わせ・申込み】
申し込みの際
1、お名前 2、お子様の月齢 3、お使いの抱っこ紐
4、開催日と場所(各地で開催しているため間違わないためです)
5、①②どちらに参加か
をご記入の上、下記のアドレスにお送りください。

NPO法人だっことおんぶの研究所/
ベビーウェアリングコンシェルジュ
理学療法士
谷口美土里
morinowa.dakkotoonbu@@gmail.com
(@を一つとってください)

高山でベビーウェアリングフォト初開催!

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士
NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
防災士の
谷口美土里です。

晒し物語を連投していますが
いつもと違う講座の告知も
クラッカー

高山でベビーウェアリングフォト!

ベビーウェアリング体験&撮影会です。

浴衣でも普段着でも抱っこやおんぶしている姿を
プロのカメラマンにしかもスタジオで撮ってもらいましょう😍

スリングやへこおび、ベビーラップはこちらでご用意いたします。
装着もお手伝いしますので全く初めてでも大丈夫。

抱っことおんぶの担当はベビーウェアリングコンシェルジュの谷口が担当します。

ただ、赤ちゃんがお腹空いていたり、動きたーい!って時に
無理に抱っこしても良いことないので
状況に応じてとなりますのはご了承くださいね。

【日時】2019年10月29日(火)10:30〜12:00

【場所】フォトスタジオチャオ高山店

【参加費】3、000円

(体験料・撮影料込み・税込み、LINE or メールデータ2〜3カット付き)

【定員】6組

【対象年齢】0〜1歳

【持ち物】お持ちの抱っこ紐(ご自身の抱っこ紐での撮影希望の場合)

スリングやへこおび、ベビーラップはこちらでご用意いたします。

【申し込み・お問い合わせ先】

チャオ高山店へ

℡:0120−410−964

LINE ID:sry7777m

Instagram:ciaotakayama

チャオ高山店ひだっちブログはこちら→✴︎


ハハノテシゴト〜晒物語〜②

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士
NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
防災士の
谷口美土里です。



彼女が晒しに出会うのには人との出会いがあって。

二人は私の悪友&戦友でもあります。


母の
喜びも楽しみも嬉しさも
悲しさも悔しさも憤りも
背中で感じるおんぶ。







↑草木家https://www.facebook.com/kusakiya.hahanoteshigoto/の投稿を
もりのわのFBページでもシェアしています。
「もっと見る」をクリックしてぜひ全文読んで見てください。
FBのアカウントがなくても見れます。

ハハノテシゴト〜晒物語〜①

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士
NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
防災士の
谷口美土里です。



晒しとの出会いが彼女を変えたのかな?


「晒し」というものだけじゃなくて

「晒しでおんぶ」という動作

さらには

その「晒しでおんぶする人たち」という人との出会い。


きっと、きっかけって日々の暮らしの中にたくさんあるけど


その人の感性で、それぞれが気が付ける


柔らかな世であると良いなと思うのです。


私は抱っこやおんぶを通じてその気づくきっかけのお手伝い。






↑草木家https://www.facebook.com/kusakiya.hahanoteshigoto/の投稿を
もりのわのFBページでもシェアしています。
「もっと見る」をクリックしてぜひ全文読んで見てください。
FBのアカウントがなくても見れます。

ハハノテシゴト 〜晒物語〜

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士
NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
防災士の
谷口美土里です。


一枚の布がつなぐ物語。


あなたの抱っこ紐は誰と繋がっていますか?


私は彼女と出会えました。