FC2ブログ
プロフィール

あおみどり*

Author:あおみどり*
スリング、兵児帯で子育て中。

ベビーウェアリングコンシェルジュ
理学療法士
studio yoggy公認Yoga for Two産前・産後のママと赤ちゃんのためのヨガ指導者認定
直傳靈氣療法師
頭蓋仙骨療法のお手当人

身体が楽、簡単だけでなく
赤ちゃんとコミュニケーションがとれて
心も身体も育てていけるだっこやおんぶ
babywearingをご提案しています。

抱っこやおんぶの楽しさや
心地よさを体感できるお母さんが増えることで
子どもと一緒に過ごす何気ない時間が
愛おしくなる
気持ちが楽になる
そのお手伝いをしています。


【料金】
☆抱っことおんぶ☆
プライベートレッスン
6,000円
(ご自宅にお伺いする場合は+交通費)

グループレッスン
2,500円


ママ友何人かでグループレッスンもO.K
医療者向け、保育士さん向けの講習会、
ワークショップも承ります。

☆mamaYoga☆
1,000円
お子さんと一緒に参加できるクラスです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

災害に備えるためのお金のこと。

書いてくださっているのは
わくわくライフサポートのただくまさん。

わかりやすいので是非ご覧ください。

スポンサーサイト

防災のお茶会開催しました。

高山での赤ちゃんの発達と心地よいだっことおんぶのクラス&ベビーラップクラスは次は8月ですよ〜

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士
NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
防災士の
谷口美土里です。

連投すみません(汗)

高山での赤ちゃんの発達と心地よいだっことおんぶのクラス&ベビーラップクラスのご案内です。

8月20日開催です。
(7月は第3月曜日が祝日のためお休み。)

一度参加された方もおさらい会としておいでくださいね。
おうちでやってみてあれ?と思ったことを再確認できますし
次はおんぶ!、抱っこの違う方法!とバリエーションが増えていきますよ。

今回も午後にベビーラップクラスも開催です!
こちらは一度午前のクラスに参加してくださった方対象です。

場所はアルプスベルクリニックです。

アルプスベルクリニックに
通院、出産されていなくてもご参加できます。

妊娠中や生まれてすぐだと
授乳の仕方や新生児の抱っこの仕方は
教えてもらえると思うのです。

でも
子どもはどんどん大きくなるし
いつまでも同じ方法ではなかなか泣き止まない。
上手くいかなくてなんだか抱っこし辛い、
腱鞘炎になってしまった
肩や腰が痛い・・・
だっこって面倒だなぁ、となる前に!
ぜひご参加ください(^_^)

【日時】
8月20日(月)
①10時〜12時
赤ちゃんの発達と心地よい抱っことおんぶのクラス

②13時〜14時半
ベビーラップクラス

【場所】
アルプスベルクリニック 3階 多目的ホール

【内容】

赤ちゃんん発達段階
それぞれの段階に合った心地よいだっこやおんぶ
素手のだっこ、おんぶ
抱っこ紐あれこれ
お持ちの抱っこ紐の調整


ベビーラップ基本の抱っこ・おんぶ

【対象】
妊婦さん
0〜2歳くらいのお子さんとお母さん、そのご家族
(お子さんと一緒に参加できます。)
子育て支援に関わる方

*②に関しては①を受けていただいた方対象となります。

【参加費】
①2、500円
(ご家族の方同伴の場合、大人ひとり追加1、000円)

*2回目以降の方;1,500円

*おさらい会チケット付き

②2、000円
(ご家族の方同伴の場合、大人ひとり追加1、000円)

【定員】
①5組

②3組

【持ち物】
①お使いの抱っこ紐

②ベビーラップ
(なくても大丈夫です。)

【問い合わせ・申込み】
申し込みの際
1、お名前 2、お子様の月齢 3、お使いの抱っこ紐
4、開催日と場所(各地で開催しているため間違わないためです)
5、①②どちらに参加か
をご記入の上、下記のアドレスにお送りください。

NPO法人だっことおんぶの研究所/
ベビーウェアリングコンシェルジュ
理学療法士
谷口美土里
morinowa.dakkotoonbu@@gmail.com
(@を一つとってください)

8月6日ゆりかご助産院さんでのおさらい会

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士
NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
防災士の
谷口美土里です。

続いて、8月6日のゆりかご助産院さんでのおさらい会の詳細です。

***************

やってみてあれ?となったら
妊娠中に聞いて出産後に
首が座って今度はおんぶ
などなど
30分マンツーマンでおさらいができます。

マンツーマンですのでご自身の
聞きたいこと、やりたいことに集中してできます。
ぜひご利用ください。

【日時】
2018年8月6日(月)

*13時からの通常クラスと同日開催になります。

①12:00〜12:30
②11:30〜12:00
③11:00〜11:30
④10:30〜11:00
⑤10:00〜10:30

*各回お1組ずつのプライベートのおさらいレッスンになります。

*①から順にご案内していきます。
時間の指定はできませんのでご了承ください。

*通常クラスが予約なく開催されない場合はおさらいプライベートレッスンも開催されない場合があります。
ご予約いただいた時に予約状況をお伝えしますので
ますはお問い合わせください。

【場所】
ゆりかご助産院
各務原市蘇原大島町1−49 
☎︎058−371−5155

【参加費】
1、500円+200円(会場費として)
ご家族で大人の方お一人追加につき1、000円追加

【持ち物】お持ちの抱っこ紐、晒し

【定員/対象】
各回お1組ずつ
赤ちゃんとその養育者、妊婦さん

ゆりかご助産院での通常クラス、
もしくは谷口主催の初回クラス、プライベートレッスンに
ご参加された方のみとさせていただきます。

【申し込み・お問い合わせ】
*申し込みの際
お名前、お子さんの月齢、どちらの日程での参加かをご記名の上、
下記のアドレスに申し込みをお願いいたします。

講師:谷口美土里
NPO法人抱っことおんぶの研究所
ベビーウェアリングコンシェルジュ/理学療法士 
morinowa.dakkotoonbu@@gmail.com
(@を一つとってください)

8月6日ゆりかご助産院さんでの心地よい抱っことおんぶのクラスのご案内

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士
NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
防災士の
谷口美土里です。


各務原市にあるのゆりかご助産院さんでクラス開催のご案内です。
各務原や岐阜市周辺の方この機会に是非ご参加ください(^ ^)

同日の午前におさらい会もあります。
こちらに関しては次でアップしますね。

***********

 babywearingとは赤ちゃんを身に纏うように抱っこやおんぶをして過ごすこと。
2人の重心がぴったり寄り添えると身体への負担が軽減するだけでなく、
赤ちゃんへの身体的・情緒的にも自然な発達を促すことができます。


・腰や肩、手首が痛くて抱っこやおんぶが辛い
・スリング?へこおび?ベビーラップ?興味はあるけど・・・
・買ったけど使えない 
・おんぶやってみたいけど一人じゃ怖い・・・
・股関節この抱っこ紐は大丈夫かな?
・赤ちゃんの発達に良いって聞くけど?
・防災にも使えるってほんと? 
などなど

赤ちゃんの発達とお互いにとって心地いい抱っことおんぶが
学びながら体験できるクラスです。
お持ちの抱っこ紐のこれでいいのかな?にもお答えします。

【日時】
2018年8月6日(月)

13:00〜15:00

【場所】
ゆりかご助産院
各務原市蘇原大島町1−49 
☎︎058−371−5155

【参加費】
2、500円+200円(会場費として)
ご家族で大人の方お一人追加につき1、000円追加

【持ち物】お持ちの抱っこ紐、晒し

【定員/対象】
5組/
赤ちゃんとその養育者、妊婦さん

【申し込み・お問い合わせ】
*申し込みの際
お名前、お子さんの月齢、どちらの日程での参加かをご記名の上、
下記のアドレスに申し込みをお願いいたします。

講師:谷口美土里
NPO法人抱っことおんぶの研究所
ベビーウェアリングコンシェルジュ/理学療法士 
morinowa.dakkotoonbu@@gmail.com
(@を一つとってください)



「モヤモヤがうやむやになる前に」防災に関してのお茶会

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士
NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
防災士の
谷口美土里です。


「モヤモヤがうやむやになる前に」

防災に関してのお茶会をします。

7月23日(月)午後1時から
郡上八幡 Cafe エバナタウ

先日の大雨で郡上八幡も
避難準備や避難勧告・指示が出されたところもありましたよね。

出されていないけど川近いし・・・
出されたのはいいけど避難する?今?
いや、うち大丈夫そう。
うちやばい?
何持ってけばいいの???

家族は平気っていうけど、
子どもいるのにマジ怖い。

なんかもう、よくわからない葛藤がありませんでしたか?

「防災のこと何もしてなかったとなんだかモヤモヤして話が聞きたいです。」

と以前抱っことおんぶのクラスに参加してくださった方からリクエストをいただきました。

モヤモヤは早めにすっきりさせたいですよね。

23日は午前中にエバナタウで
心地よい抱っことおんぶのクラスですので、
そのあとに引き続き会場を使わせていただいて、
防災のお話をしていきます。

と言っても今回は
みなさんのモヤモヤを吐き出してもらって
大雨の時って・・・?土砂災害?地震?違うの?
いやいや防災って何よってところから整理して行きたいと思っています。

会場的にあと2組くらい大丈夫かなあと思っているのですが
私もモヤモヤしたという方、ご連絡くださいな。
詳細をお伝えします。


お問い合わせ先
谷口美土里
morinowa.dakkotoonbu@@gmail.com
(@を一つとってください)

【開催報告】アルプスベルクリニックに地震体験車が来ましたよ!

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士
NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
防災士の
谷口美土里です。

抱っことおんぶのクラスの開催報告・・・
溜まってますねぇ(汗)

今回は昨日のアルプスベルでの防災イベントの報告です。

このイベントは助産師さんが小さなお子さんを持つ家族に防災の意識を持ってもらいたい!
という気持ちが形になったイベントでした。

なんと、なんと、
県に1台しかない地震体験車も高山に来ているときならいいよと言ってもらえて
(なので3連休の中日だったのですが)
猛暑の中、消防士さんのご協力のもと地震体験や煙体験もさせていただきました。



暑い中80人以上の方が体験してくださったみたいで
ありがとうございます。



子どもたちは揺れている様子を見て怖がる子もいれば
面白がって何回も体験している子もいて
アトラクション的な感じになったりもしていましたが
子どもたちには、
楽しみながら地震って、火事の時って・・・と
感じ取ってもらえればいいかなと思っています。




(ちっちゃな消防士さん。かわいいね〜!)


(煙体験中。立つと全く見えません。)


(このあと暑いので放水してくださって、子どもたちにも体験させてくださったようです。)

大人は、もっと具体的に行動に移せたらいいですよね。

クリニックの中では
赤ちゃんと避難するときに必要なもの非常時にトイレ作り方とか
紹介してありました。







私の方では
4組のご家族に
家の中で危ないところはないかな?というお話をさせていただきました。



実際に間取りを図に書き込みながら
家具がどう倒れてくる?安全な場所は?逃げ出すルートは?
と進めていくと

安全な場所はあったけど、そこから逃げ出すルートが・・・

と実際にやってみると見えてくるものがありましたよね。

さ、1日一つでいいから日々の暮らしの中で
意識を行動を変えて行きましょう。

日々の暮らしが防災につながることってたくさんあります。

チャオ高山店でmamayogaは1760さんのお弁当付き♪

明日はチャオ高山店でmamayogaです

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士
NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
防災士の
谷口美土里です。


色々と書いてきましたが、
自分たちの日常、大切にしていきたいですよね。

その中に防災があるのでね
そしゃ

さ!
明日はチャオ高山店でmamayogaです。

この大雨でぎゅーって固まってしまった
気持ちも身体もほぐしていきましょう♪

雨続きの後に青空と暑さ!
体調整えていきましょうね。

会場の安全も確認できましたし、
1760さんのランチもお届けできるとのことです。

あと残席1だったかな?

お問い合わせは
チャオ高山店 0120-410-964へお願いします。


**********

お子様連れでもできる、ママヨガ。
お子様とリラックスしてヨガをしている姿を撮影させていただき、
お写真1枚プレゼント!
さらに1760さんのお弁当付きで心も体もより美しく健康に!
ランチしながら、育児の悩み相談などなどヨガ講師の谷口さんも交えて
ママたちの交流の場になればと思っています。

参加費:2,500円
持ち物:飲み物、お子様のお昼ご飯、動きやすい恰好、
ヨガマット(お持ちでない方は100円でレンタルできます。ご予約時お申し付けください)

*********

「豪雨被災地の感染対策で注意したい5つのこと、ボランティアが気をつけたいこと」FB、ハフィントンポストより

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士
NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
防災士の
谷口美土里です。


豪雨被災地の感染対策で注意したい5つのこと、ボランティアが気をつけたいことが紹介されています。
FBページでシェアしたのでご覧ください。


書かれた方は沖縄県立中部病院感染症内科・地域ケア科医長の高山義浩先生です。

ハフィントンポストにも投稿されています。↓
https://www.huffingtonpost.jp/yoshihiro-takayama/heavy-rain_a_23477021/

被災地の方に、ボランティアに入られる方への情報ではありますが、
被災していない地域の方はこれらの情報を見て
今のうちにできる準備(備え)をしていきましょうね。

必要な方に届きますように。