プロフィール

あおみどり*

Author:あおみどり*
スリング、兵児帯で子育て中。

ベビーウェアリングコンシェルジュ
理学療法士
studio yoggy公認Yoga for Two産前・産後のママと赤ちゃんのためのヨガ指導者認定
直傳靈氣療法師
頭蓋仙骨療法のお手当人

身体が楽、簡単だけでなく
赤ちゃんとコミュニケーションがとれて
心も身体も育てていけるだっこやおんぶ
babywearingをご提案しています。

抱っこやおんぶの楽しさや
心地よさを体感できるお母さんが増えることで
子どもと一緒に過ごす何気ない時間が
愛おしくなる
気持ちが楽になる
そのお手伝いをしています。


【料金】
☆抱っことおんぶ☆
プライベートレッスン
6,000円
(ご自宅にお伺いする場合は+交通費)

グループレッスン
2,500円


ママ友何人かでグループレッスンもO.K
医療者向け、保育士さん向けの講習会、
ワークショップも承ります。

☆mamaYoga☆
1,000円
お子さんと一緒に参加できるクラスです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

おおつごもり

こんにちは。

ベビーウェアリングコンシェルジュ、
理学療法士の谷口美土里です。

2014年大晦日ですね。
歳神様をお迎えする準備は整いましたか?

年越し蕎麦も頂きましたし、
あとは太陽礼拝。

大変なことが起きても
いろいろな方に支えられていると
ありがたく思う年の瀬です。

今年はベビーウェアリングコンシェルジュ、
産前産後のヨガインストラクターとして活動させていただきました。
ご縁に感謝。


来年も日々精進して
心地よいだっことおんぶ
身体の軸、自分の軸を取り戻し整えていけるyoga
母として女性として素敵な時間を過ごせるお手伝いをしていきたますので
よろしくお願いします。


1月には頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルセラピー)ベーシックセミナーを受けてきます。
1970年代にアメリカのオステオパシー医であるジョン・E・アプレジャー医師が開発した
痛みの無い手技療法のひとつ。
直傳靈氣に続き、お手当を身につけてきますね。


兵児帯おんぶと親子クッキングを助産師さんももちゃんと企画中です。
2月の予定です。
詳細決まり次第お知らせしますね。

yogaと身体に優しいごはんやお話会のコラボも☆

食は私たちの身体を作り上げていくもの。
大切ですよね。

yogaのあとにあわわさんのごはん
皆さんと一緒に頂けたらとお話進めてます。


お話会では布ナプキンのことをみなさんとシェア出来たらと思ってます。
布ナプキン作家のtic*ticさんから
作る人としての立場で、
使い方や布ナプキンはこう作っているとか
プラス
女性として、母として、性教育を伝えていただけたら☆

yogaは本来フィットネスではありません。
身体の隅々まで呼吸を届け意識していくなかで、
メンタル、マインドの平穏へと繋がっていくものです。
とはいえ、身体を気持ち良く動かすアーサナと呼吸は
授乳やだっこ、おんぶで凝り固まった身体をほぐしてくれますし、
骨盤底筋を意識していくことで
月経コントロールにもつながります。

通常のmamaYoga@ウッドフォーラムは
1月19日(月)
1月27日(火)
を予定してます。

と、その前に
だっことおんぶのクラス!
1月10日11日(日)
もりのこ鍼灸院で行います。
今回は体験ではなく、
ベビーウェアリングをしっかり実践、
きっちり身につけていただきます♡
詳細は後ほどアップしますね。


みなさま良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト

雪で停電

こんにちは。

ベビーウェアリングコンシェルジュ、
理学療法士の谷口美土里です。

今回の大雪、時期も早いことから雪に粘りがあり多くの倒木がありました。
そして、それが電線にかかり停電。。。



幸いおっぱらは大丈夫でしたが、
未だ復旧されていない地域があり、
不便な生活をよぎなくされている方々にはお見舞い申し上げます。
早く復旧出来ますように。

先日Blogにも書いた防災と雪かきとではおんぶのことでしたが、
防災セミナーのシェア会であったら良いよとお伝えしたことと
プラス雪道運転する際、車に乗せておいた方が良いもの等こちらでもお伝えしますね。

【大雪の際、車で移動するときの備え】
☆ガソリン満タン!
(途中動けなくなった時寒いからとエンジンかけっぱなしだと走りたい時にないってことも。
 排気口が埋まるのには注意です。)
★スコップ・ナイフ・ロープ(スタックなど。自力でも他の方救出でも使えます。
☆長靴・グローブ(外で作業出来るように)
★車内で暖をとれるようなウェアー、毛布、シュラフなど
☆バッテリーケーブル(これは入れっぱなしでもいいですよね。)
★食料、飲み物
☆トランプ(うちはまだ1歳8ヶ月ですが、もう少し大きくなったら使えるって。)
★携帯の充電をシュガーポットシガーソケットで出来るようにしておく!
(情報収集しているうちになくなります。寒いと減りも早いです。停電の際もこれが出来ると便利。)


【家に備えておくこと】
☆ライフラインの分散化
オール電化ですと、停電になった時何もかもストップしてしまいますよね。
今回の大雪で停電となると、暖も取れない・・・厳しいですよね。
お湯わかせない、ご飯も・・・となってしまいます。

ですので、
★電源不要な石油ストーブ
★カセットコンロ
★ろうそく
★マッチ・ライター
★懐中電灯・ヘッドランプ
★湯たんぽ・ナルゲンボトルがあれば湯たんぽの代わりになりますよ
(余談:キャンプだと焚き火のそばに大きめの石を置いて暖めておいて寝る時抱いて寝ます)
(上記のストーブやコンロでお湯がわかせたらこんにゃく湿布でもカイロの代わりになります。
こんにゃくないとダメですが(^ー^;))

と、備えておくと書いてみましたが
うちでは日常的に使っている物ばかりです(^ー^;)

そうそう、
寒かったらもう一枚着る。
早く寝る。

怪しいなと思ったら、
ご飯を炊いておくとか、
ストーブやコンロ一つでも出来る料理を普段から作ってて知っておけば
慌てないですみますね。

あと、水を溜めておく。
もしくは事前にペットボトルの水を備蓄しておく。
停電でも水は出ますが、凍結防止ヒーターも使えなくなってしまうので注意が必要です。
マンション等で高い位置にあるタンクに電気でポンプアップする場合は
タンクにある水だけになってしまうので
節水しないとですね。


これをみると、
生きていくのには火と水が重要だと分かると思います。

電気は私たちの暮らしを楽に便利にしてくれますが
やはり火と水の扱いを忘れてしまってはだめだよと自然は教えてくれてます。

小さいお子さんがいらっしゃるご家庭なら、
おむつの備えががあると良いですね。
おむつは吸収体が入ってますよね。あれは大人のトイレの簡易版にもなります。
使用済みのおむつをいくつか大きな袋に入れてトイレにかけておくんです。
使用済みでもまだまだ吸収してくれます。
紙おむつがなくなったら、何かの布にビニール袋を切ってまいておくとかでなんとか工夫しましょう。

離乳食が・・・
と不安にならないで。
母乳であればそう心配しなくても大丈夫。
上記のストーブや、コンロがあればお粥くらいは作れますよね。




防災と雪かきと

こんにちは。
ベビーウェアリングコンシェルジュ、
理学療法士の谷口美土里です。

11月18日は下呂の小坂で
防災セミナーのシェア会をさせていただきました。

あ、一ヶ月前…(笑)


防災セミナーに行ってきたよ~を
聞いた友人がシェア会してもらってもいい?
と声をかけてくれたのです^_^
ありがたいですね。

災害といってもいつ何時起きるかわからない。

地震?
大雨で増水?
ここら辺だと津波はなくとも、
ダムや山崩れ、雪の被害もありますね。


そう、今年は雪が早く、既にハイシーズン並み、それ以上の積雪です。
昨日おとといからの雪でせせらぎ街道の西ウレ峠は通行止め、
除雪も拉致あかないと一旦中止されてます。


災害が
起きた時に、
ドキドキしてしまうのは自然な反応。
そこからどう動くか、
今のうちから考えて出来ることは実践しておけば、
やってないより違いますよね。


今回のシェア会では
地震があったら?
逃げる?逃げない?
逃げるなら!
→身の回りのもので抱っこやおんぶ
逃げないなら!
→今からできること
お助けアイテムの紹介
など。
お話と抱っこやおんぶの実践で1時間ちょっと行いました。





参加してくださったお母さんたち、
兵児帯の快適さ、安定感にはびっくりされてました。
手持ちのストールで抱っこも、おぉ!と^_^





シェア会でのお話しは「地震が起きたら」
でしたが、
今日みたいな大雪で雪かきしないといけない時に
子どもが小さいと独り置いておけない、背負わないといけない場合、
やはり
兵児帯、昔ながらのおんぶ紐が1番作業しやすいです。

高い位置でおんぶできるので、
お母さんの身体の負担が少ないですし、
ママコート着ても赤ちゃんは顔が出て
お母さんの作業を見れます。
窒息の心配もないですよね。


防災からの視点でも日常でも
活かせる兵児帯を学んで、使ってみませんか?

ママ友とグループワークショップも出来ますので、
ご連絡ください。

12/4一宮助産師の子育て応援企画 i(あい)マルシェ☆ありがとうございました

こんにちは。
ベビーウェアリングコンシェルジュ、
理学療法士の谷口美土里です。

先日4日は
愛知県一宮市で
地域の助産師活動をしている
出張専門助産院OHANAの坂井さん(Blogはこちら☆)
助産師あだちさん(★あだちさんのBlog)
共同主催の
助産師の子育て応援企画
i(あい)マルシェで
ヨガ&だっことおんぶの講座をさせていただきました。

参加していただいたみなさま
スタッフの方々
ありがとうございました^_^

30組近くのお母さんとお子さん!

なかなかこれほどの人数は初めてで
ヨガのスペースが取りづらかったり
スリングや兵児帯の実践が皆さんにというわけにはいかないこともあり
ご迷惑おかけしましたが
次に活かしていきたいと思いますm(_ _)m

写真撮れなかったので
出店されていた布ナプキン作家のtic*ticさんのブログご覧くださいな^_^

こちら→❄︎

tic*ticさんも書いてくださいましたが
ヨガで呼吸に意識、お母さんが集中していくと
騒ついていた子どもたちが静かに落ち着いてましたね。
ちょっとでも感じてもらえたら嬉しいです。

だっことおんぶのお話では
タイトルに「正しい」とあったので
だっこ紐が云々の前に
基本的なこと
お母さんの身体にとって負担が少ない位置はどこでどう抱っこやおんぶすれば良いのか
そうすることで赤ちゃんにとっても色々良いことがあるよ〜
とお伝えしました。

素手のだっこやお母さん同士のおんぶもやってもらいました(^ー^)

おんぶって懐かしいし
あたたかかったのでは?

大人数で時間的にもみなさんにスリングや兵児帯を体験というわけにはいかず
申し訳なかったです。
感想にやってみたかったと頂いたので
またぜひ呼んで下さい!


皆さんから感想です。
ありがとうございます。

U様

とても興味深い内容ばかりでとても楽しく参加することが出来ました。
スリングの使用についてお聞きするの忘れましたが、
災害時でも簡単に抱っこが出来る仕方を習い、
とても勉強になりました。
 
Hさま

布一枚で、抱っこやおんぶが出来るのが魅力的でした。
医療者向けに専門で講座をお願いしたいと思います。


Oさま
とても勉強になりました。覚えておきたいと思います


Yさま
介護にも役立てたいので今後参考にしたいです。

Sさま
抱っこ・おんぶが布一枚でじゆうじざいにできるなんてすごく参考になりました。
自分でもできるように、また講習があれば参加したいです。
 
Aさま
せっかく参加したけど、授乳でヨガはほとんどできず終わってしまいました。
抱っこ・おんぶ講座は、ためになる話が多くて興味深かったです。
時間があれば、もっと話を聞きたかったです。
それと、抱っこ・おんぶもしてみたかったです。
 
O様
今回は、『ヨガ』に興味津々で、友達も皆、喜んで参加していました。
私も含めママ達は皆、凝っているのね・・・と実感。
とても楽しく気持ちよかったのですが、できれば、もう少し並び方を決めたら、
どなたも先生の姿を見ながらより充実してできたり、
寝転がる時に他の人の頭と足の兼ね合いも良かったのかな~なんて思いました。
なかなか家で一人ヨガなんてできないので、とても良かったです。
抱っこ講座は、お話がとてもわかりやすく、理論的で「フムフム」と頭の中に入りました。
また頂いたシロクマの対談の冊子もめちゃめちゃ面白く、旦那にも私の母親にも勧めました。
 



これからも心地よいだっことおんぶ
スリングや兵児帯を伝えていきますので
聞いてみたい方声かけて下さいね。