プロフィール

あおみどり*

Author:あおみどり*
スリング、兵児帯で子育て中。

ベビーウェアリングコンシェルジュ
理学療法士
studio yoggy公認Yoga for Two産前・産後のママと赤ちゃんのためのヨガ指導者認定
直傳靈氣療法師
頭蓋仙骨療法のお手当人

身体が楽、簡単だけでなく
赤ちゃんとコミュニケーションがとれて
心も身体も育てていけるだっこやおんぶ
babywearingをご提案しています。

抱っこやおんぶの楽しさや
心地よさを体感できるお母さんが増えることで
子どもと一緒に過ごす何気ない時間が
愛おしくなる
気持ちが楽になる
そのお手伝いをしています。


【料金】
☆抱っことおんぶ☆
プライベートレッスン
6,000円
(ご自宅にお伺いする場合は+交通費)

グループレッスン
2,500円


ママ友何人かでグループレッスンもO.K
医療者向け、保育士さん向けの講習会、
ワークショップも承ります。

☆mamaYoga☆
1,000円
お子さんと一緒に参加できるクラスです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

親から子に伝える防災①

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士
NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
防災士の
谷口美土里です。


先日は高山市民防災研究会の定例勉強会に参加して来ました。

高山市内でも様々な地域で防災訓練などが行われていますが
研究会のメンバーとしてお手伝いなので顔を出すことがあるかもしれません。
その際はよろしくお願いします。

嬉しい

さて、さて、グループワークとなる前に研究会で行く研修場所が議題に上がって、
いくつか候補が出た中で、
富山の
富山県広域消防防災センター 四季防災館
(HPはこちら→
にほぼ決まって日程も予約できる日が何日で・・・となったのですが、、、
私は残念ながら行けない日になりそうで、かなり残念!

この四季防災館
地震体験とか消火体験、煙体験はよくあるので皆さんもご存知かと思いますが、
暴風雨体験か流水体験もできるそうなんです!!!!
これやりたい!
私が!(爆)
息子にもやらせたい!
(ですが暴風雨と流水体験は未就学児はダメらしいのです。うちはまだ年長・・・)

海で台風のうねりが入っている時に波乗りで入っていって巻かれたり
海から上がるのに波打ち際で足取られて大変な思いをしたりと
まあ、いろいろ経験はしているので怖さは知ってはいるつもりですが
息子にそれはまだ経験させられないので(汗)

風水害、土砂災害ってこの飛騨高山地域では川も山もすぐ近くにあって
地震よりも身近に感じる災害ですよね。
だからと言って地震が起きないのではないので!
地震への備えは必須ですよ。

そんな風水害や土砂災害では雨が降り続いて、これ大丈夫?避難?いつ?どこ?
ってなった時に何を基準にどこに避難するか
ご自分やご家族で確認ができていますか?

避難勧告が出てからではすでに浸水や河川の氾濫があって、
雨もひどくて外に出られる状態じゃないかも?

避難指示でも大雨で子ども連れて行ける?
日が暮れていたら?
避難経路や避難所近くに川があったりしたら、
避難って言ってもそこに行く避難?大丈夫?

避難準備・高齢者等避難開始ってでたけど、子ども連れは高齢者じゃないし?

風水害、土砂災害に対する防災は
早めの避難です。

じゃあ、「早め」っていつなんだろうってなりますよね?

上に書いた「避難勧告」「避難指示」「避難準備・高齢者等避難開始」
どんな状況か想像できますか?
それだけでなく
雨がどんだけ降り続いたら自分の家の周りがどうなるか
ハザードマップは確認していますか?
避難する場所、そこへの経路は確認していますか?

雨がひどくて外に出るのは・・・
というのがわかっていればもっと早く行動できたかも。

用水路、いつもはちょろちょろ程度で子どもが入って遊んでも平気くらいでも
増水して急流のように流れていたらいとも簡単に流されるって知っていたら
危ないから近づかないようにって日頃から伝えられますよね。
ちょっと前にも亡くなったお子さんがニュースになっていましたよね。
岐阜県内でも同じように用水路に足を取られて亡くなった幼児がいます。

それを息子にも体験しておいてもらいたいなと、思っているので
来年、小学校に上がったら行きたいと思ってます。
自然の怖さを知る。
でもどうしたら自然と仲良くできるのかを知る。
それを伝えたいなと思っています。

もし小学生のお子さんがいらしたら是非体験してみてください。

どんだけ無力かわかります。

だから風水害・土砂災害の時は早めの避難なんです。

あ、レビューを見ると子どもと遊べるとか、楽しいみたいですよ。

ピコーン

無力感を感じられるかは想像力次第なのか?
でも、それがきっかけで
うちは大丈夫?ってなったらいいなと思います。
スポンサーサイト

避難所の運営って誰がしてくれるの?

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士/NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
谷口美土里です。


避難所の運営って市の職員さんがやってくれるものではないんです。
ご存知でした?

自分たちで運営していくんです。

避難所の現状を知らないと
「大変」だけで終わってしまいます。
それどころか
2次的な被害、ストレス、トラウマを抱えてしまうことだってあります。

熊本地震で被害に遭われた小さなお子さんをお持ちのお母さんへのアンケートでは
何が大変だったか具体的に見えてきます。

今、災害にあっていない私たちは何をしたらいいのか。

考えてみませんか。

5月10日一宮での防災講座の詳細はこちらから↓
http://smilesling.hida-ch.com/e917436.html

防災士の試験を受けました。

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士/NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
谷口美土里です。

先日、防災士の試験を受けてきました。

合否はまだです。

奇しくも3.11でした。

7年前、何をされてました?


防災がどうこうというより

抱っこやおんぶができるって幸せだなあと深く思う日でした。

災害でってだけじゃなく

病気で天に還ってしまうお子さんも

ご両親、祖父母、友人も。

生きているってすごいなあ。

命を思う日でした。

今年の3.11はどんな一日でしたか?

高山市避難所運営リーダー(防災士)養成講座の第3回目でした。

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士/NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
谷口美土里です。

今日は高山市避難所運営リーダー(防災士)養成講座の第3回目でした。

急遽講師の岩井防災士からお声かけ頂き
へこおびでのおんぶのデモンストレーションをさせていただく機会をいただきました。

ありがとうございます😊

赤ちゃん人形もへこおびも(もっと言ったらスリングもベビーラップも)
車に入っててよかった!


もっと時間があれば
へこおびのおんぶに限らず
ある程度の布があれば
こんな抱っこもあんなおんぶもできますよーと
止まらなくなりますw
(多分、クラスに参加したことのある方は、そうそう!と頷いていただけるかとw)

クラスで大人でも長い紐があればできるよーとお伝えしたりしますが、
防災士としてもこの方法はロープ結索といって、
呼び方は違っても大事な救助方法でもあるそうです。

受講されている方々(年齢層高めの方々)にとってはこのおんぶは普通に知っているおんぶなので、
私の活動はなんで?って感じを受ける方もいらっしゃったかもしれません。
でも、
現役のお母さん、お父さんにとっては
「なんか昭和」で
「知らない世界のもの」って方もいます。

防災士の教本にも講座の中にも
子どもは災害時に要配慮者になると出てはきますが
子連れの避難の際に抱っこやおんぶをどうするかまではないんです。

普段使っている抱っこ紐があればいい、かもしれません。
でも抱っこよりおんぶの方が動きやすいです。
(首すわり前は抱っこのみ)
いつもの抱っこ紐がないかもしれない。
そんな時、慌てず対処ができるようにするには
日頃からできるようにしておくことが大事ですよね。

日々の抱っこやおんぶが快適に過ごせる
布一枚、紐一本でも抱っこやおんぶができるってことは
有事の時にも安心材料になります。

来週、また3.11が巡ってきます。

まず自分の身の回りから災害に対する意識を持っていただけたらな、と思います。






(写真は岩井防災士より。)

じゃがりこでポテトサラダ

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士/NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
谷口美土里です。

今日から始まりました
高山市避難所運営リーダー育成講座。


「避難所運営リーダー」なんて仰々しいですが
一人一人が災害が起こるかもしれないと自分の問題と考えて行動できるように
日頃からしていくことが大切だなあと再確認しております。
それを、どう伝えていくかも
この講座ではとても勉強になりますね。

さて今日はお昼に防災食として
アルファー米、フリーズドライの味噌汁、じゃがりこでポテトサラダを作ってみて
実際に試食。

写真はまだ作り途中でじゃがりこにお湯が入ってます。




後からマヨネーズ入れます。
意外に美味しいんですよ。

もぐもぐ

じゃがりこ使うのは
四万十塾(四万十川をカヌーで下りながら旅するツアー)でも
食べたことがあったので
懐かしくもあり
アウトドアやキャンプはやっぱり良いわ〜
様々なスキルに繋がるよなぁ〜
と食べながら思いにふけてました。

あと3日間と防災士試験でレポート作成と最終日の試験!
頑張ります☆