プロフィール

あおみどり*

Author:あおみどり*
スリング、兵児帯で子育て中。

ベビーウェアリングコンシェルジュ
理学療法士
studio yoggy公認Yoga for Two産前・産後のママと赤ちゃんのためのヨガ指導者認定
直傳靈氣療法師
頭蓋仙骨療法のお手当人

身体が楽、簡単だけでなく
赤ちゃんとコミュニケーションがとれて
心も身体も育てていけるだっこやおんぶ
babywearingをご提案しています。

抱っこやおんぶの楽しさや
心地よさを体感できるお母さんが増えることで
子どもと一緒に過ごす何気ない時間が
愛おしくなる
気持ちが楽になる
そのお手伝いをしています。


【料金】
☆抱っことおんぶ☆
プライベートレッスン
6,000円
(ご自宅にお伺いする場合は+交通費)

グループレッスン
2,500円


ママ友何人かでグループレッスンもO.K
医療者向け、保育士さん向けの講習会、
ワークショップも承ります。

☆mamaYoga☆
1,000円
お子さんと一緒に参加できるクラスです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

輪っかになっているスリング(パウチタイプ)

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士/NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
谷口美土里です。

先月のBambiさんでは
輪っかになっているスリング(パウチタイプ)のスリングをお持ちの方が参加されました。

このタイプのスリング
お子さんが大きくなって
ちょっと抱っこ〜って時にはとっても楽。

でも調節できないので
サイズを間違えると密着できないし
スリングの中で必要以上に丸くなりやすく窒息の危険性があったり
ぶらぶらしてしまって手が離せなかったりで
危なかったりします。
体格の違う方との共有もできないのです。
パウチタイプの注意事項はこちらをご参照ください↓
http://www.babywearinglabo.com/news.php

とはいえお持ちのものをどうにかしたいというのが
この日一番のやりたいことだったので
ちょっと工夫して密着感をアップ。




これがサイズ全く合っていないとなかなか難しかったのですが、
今回はまずまずでしたので「ちょっと工夫」ができました。
それでも若干下の方になってしまうので
もう少し小さくなる様に詰めてもらうことをお勧めしました。

持っているものをより良く使えると
いいですよね。

それでも、これは危ないとか調整できないなとなってしまう様でしたら
違うものをご提案することもあります。


こちらはリングスリングでの抱っこ。


やはり調節ができるので密着している高さが違いますね。


おんぶ紐はお持ちではないとのことで
へこおび、昔ながらのおんぶ紐、おんぶもっこ、おもいでおんぶさんのおんぶ紐、
脚を輪っかの中に通すタイプのおんぶ紐のご紹介もしました。

お父さん(お子さんにとってはおじいちゃん)がおんぶをしたいとおっしゃってくださっているので
一枚布よりもある程度形の決まっているものの方が良いかも?とご紹介しました。

一枚布はコンパクトになるし
使い方を知ってできる様になっておけば防災にも活かせます。
でもひとそれぞれ合うものがありますから
色々知っていただいて自分と赤ちゃんにとって合うものを見つけられたらと思います。

クラスで様々な抱っこ紐おんぶ紐を体験してみてくださいね。

*今後のクラス*
12月13日(水)
清見町 ウッドフォーラム
午前:mamayoga
午後:和のお手当体験会(クラニオセイクラルセラピーが受けられます。)

12月18日(月)
高山市 アルプスベルクリニック
赤ちゃんの発達と心地よい抱っことおんぶのクラス

12月19日(火)
高山市 アルプスベルクリニック
ママヨガ

12月21日(木)
郡上八幡 エバナタウ
心地よい抱っことおんぶのクラス〜Babywearingしよう♪〜

12月22日(金)
関市 雑貨屋Bambi
心地よい抱っことおんぶのクラス〜Babywearingしよう♪〜

1月11日(木)
愛知県一宮市
心地よい抱っことおんぶのクラス〜Babywearingしよう♪〜


*日程が合わない、遠方でなどでしたら一度ご相談ください。
リクエストクラスでグループレッスン、プライベートレッスンもできます。


申し込み・お問い合わせ先
谷口美土里
morinowa.dakkotoonbu@@gmail.com
(@を一つとってください)
スポンサーサイト

Facebookでスリング姿を見て私もと思ったけど・・・

こんにちは
もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰
理学療法士/NPO法人だっことおんぶの研究所のベビーウェアリングコンシェルジュ
谷口美土里です。

なかなか上手くいかなくて・・・とSOSが来たのが
ABCT参加のため実家に移動している時でした。
すごいタイミング。

その時じゃなければ実際にお伺いしてなんてできなかったから。

連絡をくれたのは
東日本大震災の時ボランティアで知り合ったMさん。

6年ぶり???

素手の抱っこからスリングでも何度も練習して



緩くなりすぎて
手が離せなかったのが
手が離せる様に。

その手をそっと背中やお尻に触れてると
自分も子どももほぉっと緩んで来やすくなります。

いつも同じ方向ばかり向いていたのが
自然と反対向きも。



うつぶせの練習もしているって話していたので
発達の話やうつぶせにさせる時の方法や
練習ってより遊び方、触れ合い方の話だったりをして。

何日かしてどう?と様子を聞いていみたら
良い感じ抱っこから寝たまま着地成功の写真を送ってくれて
一安心。

すぐに飛んで行けない距離だけど
近くのベビーウェアリングコンシェルジュにも繋いであるのでそれも安心。

各地のコンシェルジュはこちらをご覧くださいね。
http://babywearing.org/members/


クラスの日程に合わない、
遠方で、
産後間もないのでなど
プライベートレッスンも承っております。

お問い合わせください。

谷口美土里
morinowa.dakkotoonbu@@gmail.com
(@を一つとってください)

スリングでおんぶ、できる?

こんにちは。

もりのわ(母と子のいのちの学び場)主宰 谷口美土里です。

先ほどのBambiさんでの報告にもあった
http://smilesling.blog.fc2.com/blog-entry-245.html
「スリングでおんぶがしたい」。

回答はというと

スリングでおんぶはしないでください。

なぜなら

おんぶの位置が下になってしまう。

密着しにくい。

子どもがのけぞった時に転落する恐れがある。

が主な理由です。


が、しかし、本当にできないかというと
やる方法はあります。

でも、お互いがスリングに慣れていること
兵児帯でのおんぶができることが条件になってきますし
お母さんの理解度にもよるので
クラスに参加していただいた方にはお伝えはできますが
ここではお伝えできません。

スリングでおんぶして転落しても
各メーカーでその方法を推奨していなければ自己責任と成りますので
ご注意くださいね。

スリングと別に抱っこ紐持ち歩くのは・・・
というのであれば兵児帯オススメです!
スリングよりも小さくなるので嵩張らず、
おんぶも抱っこもできます。
大きくなって抱っこ紐を持ち歩かなくなったときでも
寝ちゃった・・・とか
体調が・・・とか
災害時にも使えます。

20161101120611d87.jpeg



スリングが裂けました・・・

こんにちは。

ベビーウェアリングコンシェルジュ
ヨガインストラクター
理学療法士の
もりのわ 谷口美土里です。


先日クラスに参加してくださった方が、

「スリングの良さに開眼しました。
携帯性に優れてるし、密着度が高くて、エルゴより楽!
参加して本当によかったです。」

と帰られてから早速練習!
したらリングの上が裂けてしまって・・・
とその日のうちにメールをいただきました。

ショックですよね・・・

ほんと、わたしもメールをいただいて打ちひしがれました(T ^ T)

お下がりでいただいたものとのことですが、
確認したら素材が



でした。

麻はさけやすいです。
しかもスパッと。

繊維の性質なのでしょうがないようです。

お下がりでということもあったのでしょう。


リングの上がとのことですが、
赤ちゃんを抱っこするものですので、
再度購入していただくようにお伝えしました。


綿麻であれば(混率にもよりますが)それほど破れることはないようです。


手作りで気持ちが良いのでガーゼ、
も実は破れやすいです。


ニットは伸びますしね。


素材もそうですが、

スリングならどれでも一緒ではなくて、
リングのがあるものの方が調節がしやすいです。

そして肩から背中にかけての布が扇型に開くものの方が
体重を分散できて肩にかかる力を背中で支えやすくなります。

縫製方法によっては
畳み方によって一箇所に力が入ってしまうのもあるようです。


そうなると、
やっぱり北極しろくま堂のは良いよなあと思うのです。



20160308112228a73.jpeg

北極しろくま堂
キュットミー823 /ダンガリーココア

赤ちゃんは1ヶ月♡

訪問レッスン

こんにちは。

ベビーウェアリングコンシェルジュ
産前産後のヨガインストラクター
理学療法士の
谷口美土里です。

今日は産まれて1ヶ月のベビーちゃん宅へスリングをお伝えしに行ってきました。


小さい~!
懐かしい~!

と、抱っこをさせてもらいながらも
素手の抱っこのポイントを。

で、スリングの装置方法。



ん~!良い位置!!

抱っこしてみて
おぉ!
と顔がぱあっと明るくなりました^_^

「凄い、軽く感じる~。
これなら幼稚園の送り迎えも楽になる!

ずっと抱っこできる気がする~。」

でしょ~^_^


脚はこんな感じ。



1ヶ月でもしっかりむっちりなベビーちゃんなので、
M字が綺麗にできますね。

小さい時はリングと反対側は出にくかったりします。
これでいいのかなあ…ってなりがちですが、
不安になったらどんどん確認してください。



こんな感じで、上の子と一緒に遊べます。
あ、遊んでるのはうちの坊…(^_^;)

上の子の時はずっと横抱き、
6ヶ月くらいからスリングだと重いし肩痛いしでエルゴだったそうです。

大きくなっても
スリングで辛くない抱っこができます!

また首座って腰抱きやカンガルー抱きが出来るようになったら
また聞いてくださいね。

「出来るかなあ…」
と言ってましたが、
すかさず、
「出来るよ!練習を楽しんでね!」
とお伝えしました^_^

楽しむ
赤ちゃんや自分の身体に向き合う
って1番のコミュニケーションですよね。

なんでも最初はだれも上手にはいかないですよね?

でもやっていけば上手に出来るようになります^_^

大変は大変ですが
ならば
なおさら
抱っこやおんぶを楽しみたいですね☆

産まれたてはなかなか出歩けないですよね。
そんな時は
訪問レッスンお申し付けくださいな。


谷口美土里
090-6496-1516
aqua-evergreen@i.softbank.co.jp